加齢による肌の乾燥と毛穴悩んで、思い切って化粧水をシアバターのみに変えてみた

子供を出産し、忙しさにかまけて肌のお手入れに時間をかけられなくなった30歳の時。
ふと鏡を見ると、なんだか老けている・・・?
今まで気にならなかった頬の毛穴がたるんで目立つようになっていることに気が付きました。
その時の私の肌の手入れといえば、お風呂上がりにオールインワンジェルを塗って終了という
なんともお粗末なものでした。
30歳でこれはやばい。
でも子供も手がかかるし、自分に時間を使ってられない。
それからというもの、30秒でOKというパックを試してみたり、
化粧水+保湿乳液も試してみましたが、一向に改善せず。
そんな時にテレビで「肌のお手入れはシアバターのみ!肌の悩みが改善する!」と
特集されているのを見かけました。
洗顔後の肌ケアをシアバターのみで行うというものです。
半信半疑でしたが、もしこれで改善されれば、時間もかからずすごくお手軽!だと思いました。
ここで気になったことがひとつ。
ハンドクリームにも良く使われているシアバターですが、
これを顔に塗ったらべとべとギトギトになってしまわないか、
逆にニキビが出来て肌が荒れたりしないか・・・ということでした。
「まあ、失敗したら残りはハンドクリームとして使おう」と決めて、
肌ケアをシアバター1本にすることにしました。
使い方は簡単で、爪の先に少しシアバターを取り、
それを手のひらの温度でなじませて顔にハンドプレス。
そのあと霧吹きで水を顔に振りかけて、乳化されてなじませるというものでした。
実際にやってみて驚いたのが、すぐ肌に浸透してべたべたしないこと。
なんなら、普通の乳液よりべたべたせずに快適なくらいでした。
心配していたニキビも出来なかったし、なにより、
適度な保湿で肌もふっくらするようで、気になっていた頬の毛穴も目立たなくなりました。
「シアバターで顔の保湿」は私の肌質にも生活スタイルにもあっていて
まさに救世主でした。

タイトルとURLをコピーしました